とり天

正式には チャーチーペン ⇒鶏肉の天ぷら ⇒ とりの天ぷら ⇒ とり天という風に
呼ばれるようになった。 
カラアゲとは別物です。
まさに別府が誇る大分の名物です。
近年とり天に関して色々言われていますが、当店では昭和28年に今のみつば流スタイル
で登場。現在まで昔のままのスタイルで 提供しております。
とり天がメニューに登場した年代でその後少しずついろんなとり天が登場してきました。
トリ天とはその名の通りとりを天プラにしたものです。

 

当初はマスタードと酢醤油からスタートしました。 当店ではフワット揚がったとり天に甘辛い醤油をかけています。
カボスの時期には、これがまた絶妙な味になる。
とり天はもともとは中国料理(台湾系)からの変化です。
当店では昭和28年ごろから そのままです。
別府では昭和初期に登場したものと考えられます。
みつばの初代はで以前働いていたレストランで中華の料理人とともに働いていてとり天の発祥に係わり提供。その後米軍キャンプを経由してオープンキッチンを学び
大衆洋食を目指して ”三ツ葉”を開業します。

 

その当時の他の店の状態は閉店した店や、営業していてもメニューから消えたり、その本当のとり天の存在を伝える店は当店以外はなかったのです。
昭和初期(昭和30年代まで)のとり天は当時の別府で活躍していた正統な調理人によってのみ提供されていました。

 

昭和40年代に入るといろんなお店が増え始め、特に大分市の発展は急速に進みます。
時代や料理を検証すると形を変えてきたとり天はこの頃から いろんな形でいろんな人によって提供され始めます。
当時わずかな調理人から一般の人が見よう見まねで作り始めることによって から揚げに類似したとり天ができたことはうなずけます。
当店ではメニューに昭和28年に登場してから、その存在は消える事はなく提供してきました。
 当時、高値の花であった洋食 から大衆洋食をめざし、大衆に普及する引き金となり急速に普及する役目を果たし、とり天はみつばと言われて来ました。
 
当時のお店は数えるほどしかないし、当店みたいに、昔の味を残した店は他にはありません。当然、とり天もです。
現在 マップなどで とり天で紹介されている多くの店は、本家と呼ばれるものも含め町おこしに付随した第二次ブームであります。

 

当店では味を継承した結果、当然とり天も料理として残ってきました。
それが他店との最大の違いであり 今のブームとは関係なく純粋に 別府 で愛されてきたものです。



 
メニュー 店舗案内 アクセス 歴 史 店の特徴