豊後牛ステーキ 洋食 中華 

昭和28年 別府の路地裏の元町に開業。
自家製パン粉と自家製デミソースで食するトンカツをメインに
ステーキやハンバーグなどのお肉料理が中心の洋食屋です。


当時としては珍しく、オープンキッチンスタイルで開業。もちろん別府では初めてです。
 とり天も人気を得ていきヒットします。


1Fのみから2Fまでの店舗に増築して平成17年まで営業しました。


平成17年 現在のお店に移転、カウンターとテーブルと座敷を備えたワンフロアーの店内となりました。

 

洋食から中華 そして 豊後牛の鉄板焼き まである総合レストランとして幅広くご利用してください。



 
メニュー 店舗案内 アクセス 歴 史 店の特徴